絶句・・・。

今日は大雨による被害が気になるH5へ。

イブポイントの橋から見る渓は少し水は多いけど
これなら行けると思いました!

そして、いつもの場所に車を止め渓をのぞくと
やはり水は多いけど何とかなると思いました!
他に車は止まって無いし!

更に下流に移動して、他に車の無い事を確認し
用意を済まして下流に徒歩にて移動すると
とんでもない風景が飛び込んでくるのです・・・。

何時も通る小屋で、おじさんが「この下は行けませんよ」と・・・。
大雨で3ヶ所程崩れて道が無くなっているらしい。

仕方無いので少し引き返して入渓・・・。
f0189821_17452357.jpg

この状況、信じられません。
f0189821_17452870.jpg

前の写真の右上流部、あきらかに違う流れが通り抜けた痕跡!
f0189821_17483989.jpg
f0189821_17484641.jpg
f0189821_17485134.jpg
f0189821_17485754.jpg

尋常では無い、凄い水量が渓の幅を何倍にも広げ左右を削り取ってます。

生体反応、一度だけ魚のコンタクト有り。

朝一、渓を覗いたポイントまで、ほとんど竿を振る事無く到着・・・。
丁度そこから入渓する二人のフライマン。
どうぞ!と手を差し伸べ私は脱渓。

そして上流部へ!



f0189821_17583249.jpg

入渓ポイント!崩れてます・・・。
f0189821_17583843.jpg

f0189821_1801439.jpg

上流も下流と同じく、凄い増水をしたようです・・・。

隣の渓に移動!通称33Zポイント。
f0189821_182367.jpg

ここも凄い事になってます。
f0189821_1824794.jpg

渓沿いの、いこいの場所は残ってましたけど、渓の構造物が無くなってしまってます・・・。

自然の営みと言えば、それまでなのかも知れませんが
今回、目の当たりにした光景は、そんな簡単に済ませられる範囲をはるかに超えてました。
この増水で新たなポイントなども出来た事も確かですが
そこに魚が、いつになったら戻ってくるでしょうか・・・。

f0189821_1882233.jpg

上流部で奇跡的に釣れました。


2011年 Vol.26 「自然の驚異」
[PR]
by bee-ant0511z | 2011-09-10 17:50 | 釣行記 | Comments(6)
Commented by para-miyuki at 2011-09-10 19:21 x
あまりにもお早いお帰りで・・・!笑!
すごいことになってますね。
でも、両方とも必ず魚は戻ってきますよ。
上流は厳しいかもしれませんが、それでも残っていたようですね。
さて、来週はどうしたものか・・・
Commented by dadlife at 2011-09-11 06:45 x
bee-antさん、おはようございます。
凄い事になってますね(絶句)。
H5は自分行かないのですが、こういう写真を見ると自然の恐ろしさがよ-く解かります。
釣れるだけじゃない、もう一つの自然の側面(脅威)を再認識させていただきました(こういうエントリ-って、大事だよな-と何気に思う自分でした)。
お疲れさまでした。
Commented by いわなたろう at 2011-09-11 09:10 x
いや、すごいことになっていますね。
ボクの通う渓も何年か前の大水で大きな堰堤埋まり、小さいものは崩れるほど土砂が出ました。
いまでも2~3mほど上に水が通った跡があります。
そこもかなりの上流部なんです。
でも、魚は大丈夫、先日尺も釣りましたよ。
ちゃんと戻ってきます、と言うよりボクらが心配しなくても大丈夫。
何億年も脈々と生をつないできたんですもん。
Commented by bee-ant0511z at 2011-09-11 11:48
こんにちわです。miyukiさん!
残念ながら、今シーズンのH5は終わってしまったのかもしれません。
早く魚が戻ってきてくれると嬉しいです。
どちらの渓も、振りやすい状況になってしまいましたね・・・。
特に33Zポイントから見る上流部は別世界でした。
Commented by bee-ant0511z at 2011-09-11 11:52
こんにちわです。dadさん!
自分も、釣りをしていて小規模な崩落や増水の跡は見てきてますが
今回のH5、その前のISの増水は凄い状況でした。
H5の増水もまだ続いていますので、まだ木々なども
倒れたりするんじゃ無いでしょうか?
そんな渓で釣りをしていた自分は危険でした・・・。
Commented by bee-ant0511z at 2011-09-11 11:55
こんにちわです。いわなたろうさん!
大水で小規模ですが堰堤が流されているのには
流石に開いた口が塞がりませんでしたよ・・・。
自然の力、水の力って凄すぎます。
それでも渓魚たちは逞しく残って、子孫を次の世代に繋いでいくんですね!
<< 思わず。 ワクワク♪Run?run! >>